Jリーグは28日、オンラインで理事会を開き、緊急事態宣言解除後に新型コロナウイルスワクチン接種や陰性証明を用いた入場制限緩和の実証実験を行うことを承認した。10月のリーグ戦から始め、同30日のルヴァンカップ決勝(埼玉スタジアム)でも実施する。
 宣言解除後も1カ月間は経過措置として上限を1万人か収容人数の50%の少ない方で開催する方針。実証実験では、2回のワクチン接種済みと検査の陰性を証明する「ワクチン・検査パッケージ」を活用し、入場上限に上乗せする形で保持者に対し、一般入場者とは区分けされた席を設置する。
 J1鳥栖の金明輝監督にパワーハラスメント行為があったとされる問題では、通報内容などを勘案して、Jリーグが直接調査することになった。 (C)時事通信社