JVCケンウッドは29日、欧州の販売会社が運用するサーバーに対する不正アクセスを確認したと発表した。従業員や取引先のメールアドレスや電話番号が流出した恐れがあるという。詳細は調査中としているが、身代金要求型コンピューターウイルス「ランサムウエア」による攻撃とみられる。 (C)時事通信社