自民党新総裁に岸田文雄氏が選出されたことに対し、各地の知事からは「国のかじ取り役にふさわしい」と歓迎する声が相次いだ。さらに、新型コロナウイルス対策や経済再生、地域活性化での指導力発揮に強い期待が寄せられた。
 大阪府の吉村洋文知事は「コロナ対策と社会経済の両立に強いリーダーシップを発揮してほしい」と述べた。東京都の小池百合子知事は「目下のコロナ対策は当然だが、経済の立て直しや成長産業をどのように育てていくか、課題は山積みだ」と語り、「よく連携を取らせていただきたい」。
 岸田氏の地元である広島県の湯崎英彦知事は「大変うれしく誇りに思う」と歓迎。宮城県の村井嘉浩知事は「非常に温厚で真面目。国のかじ取り役にふさわしい」と語った。
 コロナ対策で、愛知県の大村秀章知事は「(都道府県を)信頼して、しっかりサポートしてほしい」と注文。十分な財源確保や国と地方との連携強化を求める声も相次いだ。
 このほか、兵庫県の斎藤元彦知事は「地域活性化の取り組みに期待している」と強調。沖縄県の玉城デニー知事は「日本の平和構築で沖縄、広島、長崎の連携を重んじてほしい」と訴えた。
 今後の衆院選などを見据え、「可能な限り政治空白ができないようにしてほしい」(大野元裕埼玉県知事)といった意見もあった。 (C)時事通信社