田辺三菱製薬は29日、カナダ子会社メディカゴが開発する新型コロナウイルスワクチンについて、10月から国内で臨床試験(治験)を始め、来年3月にも国に承認申請する予定だと明らかにした。開発するのは植物由来のコロナワクチンで、世界初となる。新型コロナの構造に似せた植物由来の粒子を作製する技術を活用する。
 海外では今年3月から大規模な最終治験を進めており、カナダ政府と供給契約を結んでいる。 (C)時事通信社