【シリコンバレー時事】動画投稿サイト「ユーチューブ」は29日、あらゆるワクチンに関する誤った情報を削除すると表明した。新型コロナウイルスのワクチンに関しては不妊になるといった言説が流布され、既に13万本以上の動画を取り除いた。他のワクチンでも誤情報が拡散されないよう指針を改正し、接種の遅れなどの悪影響を抑える。
 保健当局から認定されたワクチンが対象。ユーチューブは「はしかやB型肝炎などの特定の予防接種だけでなく、ワクチンの一般的な記述にも適用される」としている。
 具体的には、がんや糖尿病などの副反応があるとの主張や、遺伝子構造を変えたり自閉症を引き起こしたりするといった内容の配信が違反に当たる。90日以内に警告を3回受けると、チャンネルそのものを削除する。 (C)時事通信社