第一生命保険は30日、来年4月に同社グループに入社予定の学生から募集した「これからサラリーマン川柳」の優秀作品13句を発表した。「面接中 愛犬足元 散歩中」「白背景 求めて必死に 模様替え」など、コロナ禍で浸透したオンライン面接でのハプニングや苦労を詠んだ句が多く選ばれた。
 「ズームだよ 何倍なのかと 父が聞く」は、ビデオ会議システム「ズーム」をレンズのズームと混同した父とのほほ笑ましいやりとりを盛り込んだ作品。
 ビデオ会議にありがちなミスを詠んだのは「口パクを ツッコむ自分も マイクオフ」。「オンライン 女優ライトで 奮起する」「日は浴びず リングライトを 浴びる日々」など、オンライン面接に臨む学生の工夫や悲哀が伝わる句もあった。
 作品は、同社グループの内々定者が応募した128句から選んだ。

 ◇「これからサラリーマン川柳」の優秀作品
▽白背景 求めて必死に 模様替え
▽WEB面接 揃えた道具 YouTuber
▽オンライン 女優ライトで 奮起する
▽日は浴びず リングライトを 浴びる日々
▽面接へ ネクタイ10分 徒歩0分
▽口パクを ツッコむ自分も マイクオフ
▽インスタで 就活状況 把握する
▽おめでとう 春からうちで エア握手
▽交通費 貯めたはずだが どこへやら
▽入社後に 初めて目にする オフィスビル
▽ズームだよ 何倍なのかと 父が聞く
▽家面接 母が第二の 人事役
▽面接中 愛犬足元 散歩中
以上。 (C)時事通信社