SUBARU(スバル)は30日、新型コロナウイルスワクチンの職場接種で、使用済みの注射針を再使用していた恐れがあると発表した。詳細は不明だが、ワクチンが適正量より少なかった可能性もあり、接種を受けた従業員らに聞き取り調査などを行っている。
 スバルによると、問題が起きたのは9月3日午後に宇都宮製作所(宇都宮市)で実施した1回目のワクチン接種。接種された323人全員に抗体検査などを行う。現時点で、副反応とみられる症状を除き、体調に異変はないという。 (C)時事通信社