【シリコンバレー時事】米西部カリフォルニア州のニューサム知事は1日、州内の幼稚園・学校に通う5~18歳の児童・生徒全員に新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付けると発表した。このうち12歳以上については、食品医薬品局(FDA)の正式承認を経て来年1月か7月の新学期開始時にも実施に移す。州全体での義務化は米国初。 (C)時事通信社