ホンダは4日、オンラインでの新車販売を始めたと発表した。商談から契約までを販売店に行かずにインターネット上で完結できるサービスで、国内の自動車大手では初めてとされる。新型コロナウイルス禍で、対面での購入を避けたい顧客が増えていることに対応したい考えだ。
 対象は、定額料金を支払うと一定期間新車を使える「サブスクリプション」型サービスの契約のみだが、数年以内には通常の新車購入でも利用できるようにする方針。 (C)時事通信社