岸田文雄首相は4日の記者会見で、新型コロナウイルス対策に関し、緊急事態宣言時の一層の人流抑制や、新組織発足に向けた関連法整備を検討する考えを示した。「緊急時の人流抑制、病床確保のための法整備、危機管理の司令塔機能の強化など危機対応を抜本的に強化する」と述べた。
 首相は先の自民党総裁選で、感染対策の司令塔となる「健康危機管理庁(仮称)」の創設を主張した。 (C)時事通信社