【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)は4日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、2回目の接種完了から最低6カ月が経過した18歳以上を対象に3回目の接種を行う「ブースター接種」を認める判断を示した。
 実際にブースター接種を行うかどうかは加盟各国が決定する。フランスやドイツなど一部の国は、既に高齢者などを対象にした3回目の接種を行っている。 (C)時事通信社