【ビジネスワイヤ】治療薬物モニタリング(TDM)アッセイ製品の米サラダックス・バイオメディカルは、同社のサルバトーレ・J・サラモネ氏が2021年IATDMCT(国際治療薬物モニタリングおよび臨床毒物学会)でC.E.Pippenger博士賞を受賞したと発表した。同賞は、TDM分野で傑出した貢献を行った個人を表彰するもの。サラモネ氏は自分の家族が化学療法で有害反応を体験したことから、抗がん剤のTDM研究を開始。診断薬の開発で30年以上の経験を持ち、医薬品モニタリングの分野で幅広く論文を発表している。(C)時事通信社