【ビジネスワイヤ】スイスのDavos・Alzheimer’s・Collaborative(DAC)は、設立段階の2500万ドルの資金調達をほぼ完了したと発表した。さらに、アルツハイマー病を世界的な多様性の中で再現する100万人のコホート(観察対象集団)の構築、臨床治験の効率化を目指す北米の治験施設ネットワークと欧州の治験施設の連携、世界各国の医療システム準備体制の改善など、アルツハイマー病との闘いにおける複数の取り組みも進展している。DACは、世界経済フォーラムの2021年ダボス・アジェンダ会議で発足した。(C)時事通信社