JR東日本は5日、9月の鉄道営業収入が新型コロナウイルス流行前の2019年9月と比べ52.4%減だったと発表した。コロナ禍で利用低迷が続いているが、緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が全面解除となったことで、10月の利用は回復しているという。 (C)時事通信社