6日にサッカーJリーグのルヴァンカップ準決勝第1戦、名古屋―F東京が行われた愛知・豊田スタジアムで、新型コロナウイルスワクチン2回接種済みや検査陰性を証明する「ワクチン・検査パッケージ」を使った入場券販売が実施された。
 大規模スポーツイベントなどの入場制限を緩和する政府の技術実証の一環で、現行の上限1万人とは別に1800席分用意し、730枚が売れた。
 Jリーグでは今月中にJ1の5試合でも行う予定。視察に訪れた村井満チェアマンは「おそらく、スポーツ界では初めての試み。想定に近い形で終えることができた」と語った。 (C)時事通信社