後藤茂之厚生労働相は7日、日本年金機構が別人の年金支払額を記載した振込通知書を約97万人に誤送付した問題について「国民にご迷惑をお掛けしたことを深くおわび申し上げる」と謝罪した上で、機構に再発防止の徹底を指示したことを明らかにした。厚労省内で記者団の質問に答えた。
 後藤氏は機構に対し、正しい通知書の送付や支払額の振り込みを確実に行うとともに、誤送付の原因となった委託方法の検証などを指示。「しっかり指導監督し、今後の取り組みに万全を期す」と述べた。 (C)時事通信社