【ビジネスワイヤ】遠隔医療サービスの印エムファインは、4800万米ドルのシリーズC資金調達ラウンドを実施したと発表した。ムーア・ストラテジック・ベンチャーズとBEENEXTが共同主幹事を務め、多数の既存投資家が参加した。エムファインは、この資金を活用して世界最大級のバーチャル病院を構築し、人工知能(AI)とモバイル技術を活用して質の高い医療を身近で効果的なものにすることを目指している。(C)時事通信社