【ビジネスワイヤ】バイオ製薬企業の米アナンダ・サイエンティフィックとカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)デビッド・ゲフィン医科大学院ジェーン&テリー・セメル研究所は、オピオイド使用障害(OUD)を治療するための臨床試験を開始したと発表した。試験では同社の補助療法薬「Nantheia・ATL5」を検討する。同薬はイスラエル社からライセンスされた「液体構造」技術を活用したカンナビジオール(CBD)含有薬。(C)時事通信社