岸田文雄首相は8日午後の衆院本会議で、内閣発足後初の所信表明演説を行った。首相は新型コロナウイルス対応に万全を期す考えを表明。「成長と分配の好循環」実現に向けて成長・分配戦略を「両輪」に掲げ、政策を総動員する姿勢を示した。中国を念頭に経済安全保障政策を推進するための法案策定を明言。看護・介護分野の収入増を目指す方針も打ち出した。
 首相は演説の冒頭で「喫緊(きっきん)かつ最優先の課題である新型コロナ対応に万全を期す」と述べ、ワクチン接種の加速化や経口治療薬の年内実用化を唱えた。国民への説明を尽くす考えを示すとともに、司令塔機能の強化や人流抑制、医療資源確保のための法改正などを挙げ、「危機管理を抜本的に強化する」と訴えた。
 コロナ禍で打撃を受けた事業者への給付金や、非正規、子育て世帯への給付金などの支援も打ち出した。
 首相は、自ら提唱した「新しい資本主義」について「成長と分配の好循環とコロナ後の新しい社会の開拓。これがコンセプト」と説明。「成長も分配も実現するために、あらゆる政策を総動員する」と表明した。「新しい資本主義実現会議」を創設し、具体像の検討を進める考えを示した。
 新しい資本主義実現の「車の両輪は、成長戦略と分配戦略だ」と指摘。成長戦略の柱の一つに経済安全保障を掲げた。中国を念頭に戦略物資の確保、技術流出防止に取り組むとし、「強靱(きょうじん)なサプライチェーンを構築し、わが国の経済安全保障を推進するための法案を策定する」と言明した。
 分配戦略の柱の一つとして、コロナや少子高齢化を背景に「看護、介護、保育などの現場で働いている方々の収入を増やしていく」と約束。東日本大震災の被災地福島の復興・再生への決意も示した。
 外交・安全保障分野では、中国、北朝鮮への対処を念頭に、2013年に策定した国家安全保障戦略改定などに取り組むと表明。中国については「主張すべきは主張し、責任ある行動を強く求める」としつつ「共通の諸課題について協力する」との姿勢も示した。
 被爆地広島出身の首相として「核兵器国と非核兵器国の橋渡しに努め、唯一の戦争被爆国としての責務を果たす」と述べた。
 憲法改正については「(各党が)建設的な議論を行い、国民的な議論を積極的に深めていただくことを期待する」と語った。 (C)時事通信社