内閣府が8日発表した9月の景気ウオッチャー調査によると、街角の景況感を示す現状判断指数(季節調整値)は、前月比7.4ポイント上昇の42.1と2カ月ぶりに改善した。新型コロナウイルスの新規感染者数の減少や、ワクチン接種の進展が反映された。
 調査は9月25日から30日まで実施。基調判断は前月の「持ち直しに弱さがみられる」から、「持ち直しの動きがみられる」に引き上げた。 (C)時事通信社