オリエンタルランドは8日、運営する東京ディズニーランドと東京ディズニーシー(いずれも千葉県浦安市)の一部店舗で、酒類の提供を11日に再開すると発表した。新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が解除され、千葉県から基本的な感染防止策を講じている店として認められた。
 提供を再開するのは、ディズニーランドの「イーストサイド・カフェ」など4店舗とディズニーシーの「マゼランズ」など5店舗。その他の店舗も順次再開する方針。
 両パークでは今年4月28日から酒類の提供を全面的に休止していた。 (C)時事通信社