岸田文雄首相は11日、衆院本会議での代表質問への答弁で、新型コロナウイルス感染拡大によるコメの需要減への対応策を示した。過剰在庫による価格下落を防ぐため、供給量を調整する現行制度を拡充。首相は「15万トンを特別枠として設け、飲食店や子ども食堂へコメの販売、提供を支援する」と述べた。
 自民党の甘利明幹事長への答弁。特別枠は、現行制度で保管を支援する37万トンの一部。政府は、期間を設けずに外食事業者向けなどには半額を、子ども食堂を含む生活弱者には全額を支援する。保管経費は全額補填(ほてん)する。 (C)時事通信社