英大手投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズが、家庭教師派遣の「家庭教師のトライ」を運営するトライグループ(東京)の買収を検討していることが11日、分かった。新型コロナウイルス禍にも対応できるよう授業のオンライン化を進め、経営基盤の強化を図る。
 合意できれば、買収額は1000億円に上る可能性がある。トライグループのホームページによると、同社は1987年創業。現社長は元俳優の二谷友里恵氏が務める。家庭教師の派遣のほか、個別指導教室なども展開しており、2019年8月時点で登録教師は22万人。 (C)時事通信社