【サンパウロ時事】新型コロナウイルス対策への消極姿勢が批判されているブラジルのボルソナロ大統領は11日、記者団に同国でコロナによる死者が60万人を超えたことへの見解を問われ、「死者が出ていない国なんてあるのか!」と「逆ギレ」した。地元メディアが伝えた。
 休暇でサンパウロ州の海岸保養地グアルジャを訪れていたボルソナロ氏は、「死者が出ていない国なんてあるのか!」と何度も反問。「うんざりするために(保養地に)来たわけではないんだ」といら立ちをあらわにした。 (C)時事通信社