ビール大手4社が12日発表した9月のビール系飲料(ビール、発泡酒、第三のビール)の販売実績は、各社とも前年同月を2桁下回った。新型コロナウイルス対策に伴う飲食店での酒類提供制限に加え、昨年9月に酒税改正前の駆け込み需要があった反動も響いた。
 4社の減少幅は、数量ベースで公表しているサントリービールが28%、サッポロビールが23%、キリンビールが20%。金額ベースのアサヒビールは15%だった。 (C)時事通信社