【ニューヨーク時事】米南部フロリダ州の保健当局は12日、州が禁止しているにもかかわらず、職員に新型コロナウイルスのワクチン接種証明の提示を義務付けたとして、州都タラハシーのあるレオン郡に対し、357万ドル(約4億円)の制裁金を科すと発表した。30日以内に支払うよう求めている。
 「ミニ・トランプ」の異名を持つ同州のデサンティス知事(共和党)は、ワクチン接種義務化を進めるバイデン大統領(民主党)に反発。4月に接種証明書の提示義務化を禁じる知事令を出していた。 (C)時事通信社