【サンパウロ時事】ブラジルのボルソナロ大統領は12日、地元ラジオのインタビューで「新型コロナウイルスのワクチンを受けないことを決めた」と宣言した。国内の累計感染者が世界で3番目に多い中、国民の5割近くがワクチン接種を完了。ボルソナロ氏の宣言は、接種促進に汗をかく保健省や自治体に冷や水を浴びせた格好だ。
 新型コロナ軽視を批判されているボルソナロ氏はこれまで、国民全員が接種を終えてから自身について判断するとしていた。昨年7月に1度感染しており、インタビューでは自身の抗体の値が非常に高いと主張。「なぜワクチンを打たなければならないのか。まるで賞金2レアル(約41円)の宝くじを当てるのに10レアルを使うようなものだ」と述べた。 (C)時事通信社