「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリングが14日発表した2021年8月期の連結純利益は過去最高を更新した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「巣ごもり需要」が拡大。昨年秋から今年冬にかけて部屋着などの売れ行きが伸びた。「無印良品」の良品計画も肌着や靴下、食品、収納グッズなどが好調で、純損益が黒字に転換した。
 ファーストリテの8月期決算(国際会計基準)は増収増益。純利益は前期比88.0%増の1698億円だった。緊急事態宣言で臨時休業を余儀なくされた前期の反動もあり、大きく伸びた。今夏はコロナ感染拡大や天候不順で客足が落ち込み、減速した。売上高に相当する売上収益は6.2%増で、コロナ禍前の水準には届かなかった。
 22年8月期は、来春から通常営業に戻る前提で、純利益が3.0%増の1750億円と2年連続の最高益更新を見込む。ただ、記者会見した柳井正会長兼社長は「コロナが収束したわけではない。いつ、どんなことが起きるか見当がつかない不安定な状況だ」と警戒感を示した。
 良品計画の21年8月期決算(日本基準)は、純損益が339億円の黒字。前期は20年3~8月の変則決算で169億円の赤字だった。22年8月期は新型コロナの影響を踏まえて「保守的に計画を作った」(堂前宣夫社長)といい、純利益は5.6%減の320億円と予想した。 (C)時事通信社