巨人は14日、阪神戦が行われた東京ドームで、新型コロナウイルスのワクチン接種や検査陰性を証明する「ワクチン・検査パッケージ」を使った行動制限緩和の技術実証を実施した。20人分観客上限を上乗せし、17人が参加した。プロ野球で初の試み。
 球団は観客が希望する証明方法の割合や、入場時の手順などを確認した。16、23日にも実施予定で、巨人の星春海総務本部長は「安全を確認できれば観戦したいというニーズはある。受け入れられれば数を増やしたい」と話した。 (C)時事通信社