茂木敏充外相は15日の記者会見で、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナムに計490万回分の新型コロナウイルスワクチンを直接供与すると発表した。中南米諸国や太平洋島しょ国などを念頭に、国際的な調達枠組み「COVAX」(コバックス)を通じた500万回分のワクチン供与を調整していることも明らかにした。 (C)時事通信社