ANAホールディングスは15日、徒歩や自転車などの移動手段や距離に応じてポイントがたまり、マイルと交換できるスマートフォン向けアプリを12月に提供すると発表した。マイル会員との接点を日常生活にも広げたい考え。新型コロナウイルス流行で航空需要が落ち込む中、同社は非航空事業の強化で収益の底上げを狙っている。
 アプリは「ANA Pocket(ポケット)」。移動距離に応じて徒歩、自転車、電車、自動車、航空機の順にポイントが多くたまり、ギフト券やマイルなどと交換できる。ゲーム感覚で利用してもらう仕掛けも組み込み、他社との提携により、サービスを充実させていく。
 まずは米アップルの端末からサービスを始める。詳細は来月発表する。 (C)時事通信社