最先端のデジタル技術が集まる展示会「シーテック2021」が19日から始まるのを前に、主催者の電子情報技術産業協会は15日、開幕に先立つイベントをオンライン上で開いた。綱川智会長(東芝社長)はあいさつで、コロナ禍収束後を見据えたデジタル革新の必要性を強調。「価値観や行動様式が目まぐるしく変化する社会に幅広い提案を行う」と話し、参加を呼び掛けた。
 イベントには牧島かれんデジタル相も登壇。「生活の質を上げるためにデジタルに何ができるかが問われている。これまで以上に皆さんと力を合わせて成果を出していきたい」と述べた。
 今年のシーテックは19日から22日まで完全オンライン形式で開かれる。電機メーカーなどが最新のデジタル技術や製品を展示する。 (C)時事通信社