【ワシントン時事】米ホワイトハウスは15日、米国に入国する外国人に対する新型コロナウイルスワクチン接種完了の義務化について、空路、陸路ともに11月8日から実施すると明らかにした。日本からはこれまで出国3日前までの陰性証明提出や入国後検査などを条件に入国できたが、新たに接種完了も求められることになり、厳格化される。
 米メディアによると、米当局もしくは世界保健機関(WHO)が承認したワクチンを対象とする見込み。入国後の隔離措置は不要となる。 (C)時事通信社