創薬ベンチャーのVLPセラピューティクス・ジャパン(東京)は18日、開発を進めている次世代型の新型コロナウイルスワクチンについて、来年中の実用化を目指すと発表した。赤畑渉代表職務執行者が東京都内で記者会見し「メード・イン・ジャパンの新しい技術、ワクチンの形として出て行きたい」と意欲を示した。
 VLPのワクチンは、ウイルスの遺伝情報を伝えるRNAが体内で自己増殖し、効率的に免疫を誘導する「レプリコンワクチン」。投与量が現在のmRNAワクチンの10分の1から100分の1で済むという。 (C)時事通信社