日本専門医機構理事長の寺本民生氏は本日(10月18日)、ウェブで記者会見を開き、来年度(2022年度)における臨床研究医コース(定員40人)の応募者が23人(採用者19人)となり、今年度の応募者数26人(27人中1人辞退)より減少、2年連続で定員割れとなることを報告した。同氏は今後、臨床研究医コースの専攻医となりうる研修医に対し、認知度の向上を図るなどの取り組みをさらに進めていく方針であるという(関連記事「臨床研究医、初回応募者は定員割れの27人」、「臨床研究医の認知度アップへ動画製作」)。

採用者へのアンケートも実施し、応募者数が少ない要因などを検討

 来年度における臨床研究医コースの応募者数(採用者数)を診療科別に見ると、内科5人(4人)、精神科および泌尿器科が各4人(各4人)、眼科3人(3人)、小児科2人(2人)、皮膚科2人(1人)、形成外科1人(1人)、外科および整形外科が各1人(各0人)であった。以上から、来年度の応募者は計23人となり、今年度の26人(27人中1人辞退)からさらに減少した。

 同機構はこれまでに、臨床研究医の周知を目指して動画を制作するなどの対策を講じてきたが、成果に結び付いていないことが浮き彫りとなった。

 応募者数が減少した背景について、寺本氏は「臨床研究医の認知度や意義について、研修医などに十分伝え切れていないのではないか」と推測。今後、同コースのさらなる認知度向上、理解促進を図るために、さまざまな施策を検討、実施していくとした。加えて、専攻医としてある程度臨床研鑽を積んだ時点で臨床研究医コースに応募できるような、柔軟な選択肢を設けることも検討しているという。

 また、応募者のうち4人が不採用とされた点にも着目。その原因を探る意向を示した。

 さらに同氏は、今年度や来年度の臨床研究医コース採用者を対象にアンケートを実施し、同コースを目指した理由や、応募する上での問題点などを調査。その結果を来年度以降の募集などに生かす予定であるとした。

 なお会見では、臨床研究医を除く専攻医の来年度における募集スケジュールも明らかにされた()。1次募集は来月1日正午から。同氏によると、来年以降も今年同様、11月初めごろに1次募集を行うスケジュールを維持していく予定だ。

表. 2022年4月に研修を開始する専攻医の募集スケジュール(臨床研究医除く)

表.JPG

(記者会見資料)

(陶山慎晃)