【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は18日、域内で生産された新型コロナウイルスワクチンの域外輸出量が累計10億回分を超えたと発表した。「EUは最大の輸出者で、世界の国々と常に公平にワクチンを共有してきた」とアピールした。
 輸出先は日本やトルコ、EUを離脱した英国など150カ国以上。中低所得国にもワクチン調達の国際協調枠組み「COVAX」(コバックス)を通じて約8700万回分を提供した。 (C)時事通信社