群馬大病院(前橋市)は20日、入院中の乳児10人が赤血球の酸素運搬能力が失われるメトヘモグロビン血症を発症したと発表した。全員命に別条はなく、快方に向かっているという。ミルクに使った井戸水から高濃度の窒素化合物が検出され、病院は原因を調べている。
 同大によると、19日午後、新生児集中治療室に入院中の乳児の顔色が青白いことに看護師が気付き、血液検査して判明した。蛇口から採取した水から、最大で基準値の約1万2000倍となる1リットル当たり490ミリグラムの亜硝酸態窒素が検出された。 (C)時事通信社