日本政府観光局が20日発表した9月の訪日外国人数(推計値)は1万7700人だった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う入国制限を受け、感染拡大前の2019年9月比では99%減と底ばい状態が続く。東京五輪・パラリンピックの終了に伴い、前月比でも3割の減少となった。
 国別では中国が4000人、韓国が2200人、米国が1700人など。日本は今月から一部の国・地域からの入国者のうちワクチン接種者の待機期間を短縮する措置を始めており、訪日客数への影響が出る可能性もある。 (C)時事通信社