鹿島や日立製作所、九州大学などは21日、指を専用装置にかざせば新型コロナウイルスのワクチン接種履歴を証明できる新システムの実証実験を開始したと発表した。指静脈による生体認証技術を活用、手ぶらでできる。紙の証明書を使わないため、偽造や紛失のリスクを大幅に軽減できる。
 利用者は、あらかじめスマートフォンの専用アプリでワクチン接種履歴などを登録。日立の認証装置を通じて指静脈の情報も事前登録し、それぞれを連携させる。建物の入り口などに設置された指静脈の読み取り機で本人確認し、接種済みであることを証明する仕組みだ。陰性の検査結果も証明できる。 (C)時事通信社