ホンダは21日、11月上旬の国内の四輪車生産台数について当初計画から1割減らすと発表した。半導体不足と東南アジアでのコロナ禍に伴う部品調達難が続いているため。減産の具体的な台数は明らかにしていない。
 鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)と、埼玉製作所の狭山工場(埼玉県狭山市)、寄居工場(同県寄居町)の3拠点で、いずれも1割減産となる。 (C)時事通信社