医師免許がないのに新型コロナウイルス感染症のPCR検査をしたとして、兵庫県警は21日、医師法違反容疑で、同県明石市の診療所「葵クリニック」を経営していた玉川誠晃容疑者(31)=同市=を逮捕した。容疑を認め、「コロナ禍の中で少しでも貢献したかった」と話しているという。
 逮捕容疑は1~3月、当時経営していた診療所で、医師免許がないのに10~50代の男女3人の鼻に綿棒を入れて検体を採取するなどして、PCR検査をした疑い。 (C)時事通信社