【モスクワ時事】ロシアでの新型コロナウイルス感染再拡大を受け、モスクワのソビャニン市長は21日、市内で28日から11月7日まで規制を強化すると発表した。食料品や医薬品の販売店以外は営業停止とするほか、レストランやカフェも持ち帰りや配達のみとする。
 ソビャニン氏は自らのサイトで、モスクワの感染状況について「最悪のシナリオ通りに推移している。今後数日で歴史的なピークを迎えるだろう」と警告。規制強化に関して市民に理解を求めた。 (C)時事通信社