【バンコク時事】タイ政府は21日、日本を含む46カ国・地域からの空路による渡航者について、新型コロナウイルスのワクチン接種完了などを条件に、11月1日から隔離なしで入国を認めると発表した。年末年始を前に外国人観光客を受け入れる態勢を整え、新型コロナの影響で低迷する経済の再生につなげたい考えだ。
 隔離免除はワクチン接種完了のほか、出発前と到着後のPCR検査による陰性証明、5万ドル(約570万円)以上を保障する医療保険への加入などが条件。ワクチン接種未完了者は10日間の隔離が必要となる。 (C)時事通信社