【ニューヨーク時事】米航空大手3社の2021年7~9月期決算が21日、出そろった。ユナイテッド航空が黒字に転換し、新型コロナウイルス感染拡大以降で初めて全社が黒字決算となった。ワクチンの普及を背景に、米国内のレジャー需要が戻り、業績を押し上げた。ただ、最近の原油高に伴う燃料費の増加が収益を圧迫しており、黒字が定着するかは不透明だ。
 主力の旅客収入は、各社とも新型コロナ感染拡大前である19年同期の6~7割まで回復した。 (C)時事通信社