【フランクフルト時事】書籍見本市として世界最大級を誇るドイツの「フランクフルト・ブックフェア」が、24日まで開かれた。新型コロナウイルス禍で対面開催は2年ぶり。会場では日本ブースも設けられ、「おしりたんてい」などの児童書や幼児向け教材、漫画などが紹介された。アニメキャラクターに扮(ふん)したコスプレーヤーたちも立ち寄った。 (C)時事通信社