【サンパウロ時事】ブラジルのボルソナロ大統領がフェイスブック(FB)で、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けるとエイズ患者の症状が急速に進むとの説を紹介し、FB側が不適切だとして投稿を削除した。
 ボルソナロ氏は21日、毎週恒例のFB上での演説で「英政府の公式報告は、ワクチン接種を完了した人は15日後、予想よりはるかに早くエイズの症状が進行することを示唆している。この記事を読むことを勧める」と述べた。これに対し、ブラジル感染症学会は「新型コロナワクチンとエイズの関係は分かっていない」との声明を発表。FBは「ワクチンが人体に重大な害を及ぼすとの主張は受け入れられない」として、24日に削除措置を取った。 (C)時事通信社