政府は28日、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言とまん延防止等重点措置を9月末に解除した27都道府県に対し、1カ月間の経過措置として大規模イベントの参加人数を「最大1万人」としていた開催制限措置を解除する方針を固めた。11月からは上限を「5000人または収容定員50%以内のいずれか大きい方」とするよう求める。
 東京都をはじめ各地で感染状況が落ち着いてきたと判断した。28日の新型コロナ対策分科会に緩和案を諮る。
 ただ、自治体によっては引き続き「最大1万人」などの制限を独自に設ける動きも見られるため、各地で対応に差が生じる可能性がある。11月から制限が緩和される地域では、大規模なスポーツイベントなどは「定員50%以内」を適用して数万人単位で開催することが可能になる。 (C)時事通信社