トヨタ自動車は28日、9月の国内生産台数が前年同月比55.3%減の13万6750台だったと発表した。新型コロナウイルス禍で東南アジアからの部品調達が滞って減産に追い込まれた影響で、前年水準から半減。減少率は昨年5月の57.0%以来の大きさとなった。世界全体での生産台数も39.1%減の51万2765台にとどまった。前年割れは国内、世界とも2カ月連続。 (C)時事通信社