SGホールディングス(HD)=22年3月期連結業績予想を上方修正。純利益を従来予想から60億円引き上げた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う巣ごもり消費が引き続き堅調で、21年4~9月期の宅配個数が前年同期比で微増を維持。当初の想定よりも好調に推移したことから、通期の業績予想に反映させた。 
 21年4~9月期は増収増益。世界的な物流が増加を受けて海上・航空運賃が高止まりする中、コンテナのスペースを安定的に確保することで好調を維持。ロジスティクス事業の営業利益が前年同期比で2.3倍に膨らみ、全体の業績を押し上げた。(C)時事通信社