国土交通省は29日、目的地の近い人同士によるタクシーの相乗りを認める制度を11月1日から始めると発表した。スマートフォンの配車アプリなどの利用を想定。トラブル防止のため、事前に料金を決めることなどを条件とした。相乗りで安く乗れるようにして、タクシーの需要喚起につなげたい考えだ。
 同省によると、配車アプリを運営する各事業者は、システム整備などをした上で、数カ月後にもサービスを始める見通しという。 (C)時事通信社